いろいろな青汁

 

ケールを主原料にした青汁は、健康食品という範疇を越えたポピュラーな飲料になっています。しかしその内容は千差万別で、期待できる効果や飲みやすさには大きな差があります。昔ながらの苦い青汁をアピールしているものもありますし、それを飲みやすいように味の工夫をしているものもあります。最近では青汁の粉をカプセルに詰め込んだ形式の商品も売られています。青汁は栄養が豊富なので、育ち盛りの子供に飲ませると非常に効果があります。しかし、どうしても飲みにくくて嫌がられることがあります。

そのため牛乳に溶けやすくして、なおかつ飲みやすく調整したものが人気です。このようにいろいろな種類の青汁が販売されていますが、実際に飲む人の興味はまずその価格にあると思われます。青汁は、ある程度の期間継続して飲み続けないと効果がありません。そのため、まとめ売りのような形を取っていることが多いのですが、どうしても高くなります。

最近では定期購入の方法を取っている販売会社も増加しており、送料を無料としたり、個別に買う場合より値引きしたりしてお得感を出すようにしています。ケールには非常に多くの栄養素が含まれていることから、青汁を飲むだけで健康になると思っている人も少なくありません。しかし、実際は体内への吸収率の問題があるので、製法等の違いで効果は変わってきます。この辺りの見極めは困難なのですが、ネットの書込記事を見ることである程度のことはわかります。参入業者が多く玉石混合の状態ですが効果のある青汁を探したいものです。

 

▽青汁関連サイト
原料別に青汁の効果を一覧にして紹介しているサイトです → 青汁 効果

 

Copyright © 2014 最近の青汁事情 All Rights Reserved.